飲む ヒアルロン酸 サプリ サプリメント

飲むヒアルロン酸サプリメント比較|どれが良いのか?

ヒアルロン酸といえば美容や健康、関節痛予防など様々な目的で様々な方が利用していますね。
商品に関しても化粧品に含まれていたり、ドリンクタイプやサプリメント、美容整形や関節痛にヒアルロン酸注射などもあり様々な使い方があります。
このように目的によって使い方が違ってきます。
その中で美容や健康対策として簡単に摂取できるサプリメントの商品が数多く出ていますね。
そこで当サイトでは飲むヒアルロン酸サプリメントを比較して紹介したいと思います。

ヒアルロン酸サプリメント比較

四季潤

四季潤はこれまで900万袋以上の販売実績があるサプリメントです。
グルコサミン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合されています。
さらに細かく見ていくと高純度ヒアルロン酸120mg、グルコサミン1500mg配合されているというところがポイントでしょうか。
通常の商品は少々価格がするのですが、お試し商品もあるのでまずはそちらから試してみてよければ通常の商品を利用してみてはどうでしょうか。

 

ポイント

■900万袋以上の販売実績
■高純度ヒアルロン酸配合

商品概要

価格:通常価格7,884円(税込) お試し商品1,000円(税込)
容量:通常価格8粒×30袋(約1ヶ月分) お試し商品8粒×10袋(約10日分)
価格や商品内容等変更されている可能性もありますので公式サイトで確認してみてください。

 

皇潤プレミアム

皇潤は名前だけなら聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
TVCM等でよく流れていますね。
知名度などもさすがに高く、累計1600万箱の販売実績ということで圧倒的です。
リピート率も高く利用者の満足ども見えてきます。
ポイントはiHAというたまごから発見された日本初の独自成分ヒアルロン酸誘導ペプチドが配合されているというところです。
このiHAがヒアルロン酸を生み出す軟骨細胞を増殖させる研究のなかで発見されたということです。
さらに低分子ヒアルロン酸を配合し、ビタミン、D3も配合されています。
ヒアルロン酸は天然純国産100%で国産の鶏冠(トサカ)のみを使用しています。
人気実績も高く、商品自体も特徴を出している商品ですね。

ポイント

■iHAという日本初の独自成分ヒアルロン酸誘導ペプチドが配合
■低分子ヒアルロン酸配合
■累計1600万箱の販売実績

商品概要

価格:通常価格8,190円初回限定6,300円(税込)
容量:100粒入り(約2週間分)
価格や商品内容等変更されている可能性もありますので公式サイトで確認してみてください。

 

楽関サプリ 和 なごみ

楽関サプリ和(なごみ)は独自のトリプルヒアルロン酸配合のサプリメントです。
2013年モンドセレクション金賞受賞など実績もあります。
トリプルヒアルロン酸とはMヒアルロン酸、Cヒアルロン酸、ヒアルロン酸コラーゲンを配合しているということで超低分子にもこだわっています。
他にもコラーゲンやマリンコンドロイチン、ローヤルゼリーやレスベラトロール、プロポリスなど11種類の成分が配合されています。
実績などもありチェックしておきたいヒアルロン酸サプリメントではないでしょうか。

ポイント

トリプルヒアルロン酸など11種類の成分を配合
2013年モンドセレクション金賞受賞

商品概要

価格:7,200円
容量:60粒入り(約1ヶ月分)
ちなみに定期コースなら価格的にお得になります。

 

ヒアルロン酸とはなんなのか

潤いのある綺麗な肌になりたいと考えた時に有効な成分として有名なのが、ヒアルロン酸です。
この成分は、細胞の間や関節に多く存在するゲル状の成分で、ムコ多糖類の一種です。
ムコ多糖類とは、粘液性の結合物質で、細胞や組織の表面等に多く存在し、クッションのような役割をしています。
肌の中のヒアルロン酸は、高い保水力で、潤いのある肌を作るだけでなく、肌の中でクッションのような役割もしており、この成分が減少すると、肌のクッション性が減り、ハリと弾力が失われていく事になります。
シワ取り等のプチ整形では、この成分を肌に注入する事で、肌のクッション性を取り戻し、ハリと弾力がある状態にもどしていきます。
それにより、小さなシワ等を消していく事になります。
この他、この成分は、関節等にも多く存在しており、関節を滑らかに動かす働きをしています。
更に目の硝子体の中にも多く存在しています。
ヒアルロン酸というのは、常に体の中に多く存在し続ける成分ではなく、加齢と共に減少をしていく事になります。
この成分を肌に取り戻したいと考えた場合、口から摂取するサプリメントよりも、肌に直接つけて使う化粧品の方が、肌にしっかりと成分を届けやすく、高い効果を期待しやすい状態となります。

ヒアルロン酸の役割とは

潤いのある肌になりたいと考えた時に有効な成分として有名なのが、ヒアルロン酸です。
シワを取る、胸を大きくする、鼻や顎の形を整える等のプチ整形にも使われる成分として有名です。
そんな成分の特徴は、保水力の高さです。
肌の中にある場合、この保水力によって、肌に潤いを与える事になります。
生まれてから20歳位までの間は、この成分が肌の内側にしっかりとある状態となります。
ですが、20歳を過ぎた辺りから、徐々に減少を始める事になります。
30歳を超えるとその減少のスピードが速くなり、肌の潤いが失われていく事になります。
この成分は肌の保水以外にも、体の中で欠かせない役割をしています。
その一つが関節です。
関節ではクッションのような役割をしており、関節が滑らかに動く事を助けています。
更に、目の硝子体の中にも多く含まれ、目の形を保つ事を助けています。
このように、ヒアルロン酸というのは、肌以外の様々な部位にも含まれており、体を動かす事を助ける働き等をしています。
ですから、サプリメントでヒアルロン酸を摂取した場合、肌以外にも使われていく可能性が高く、肌に届くのは、摂取をしたうちのほんの一部となってしまう可能性があります。

ヒアルロン酸の量と加齢

ヒアルロン酸はもともと肌の中に存在していて、皮膚の下で細胞同士をくっつける役割をしています。1gで6リットルの水分を保持できると言われていて、肌のハリや潤いを保つための化粧品やサプリメントとしても利用されています。
そのヒアルロン酸は、加齢とともに減ってしまいます。その量は30代後半から徐々に減り始め、60大になると20代の約半分の量にまで減ってしまいます。体内で生成されるものなのですが、代謝が非常に速いこともあり、ハリや潤いのある肌を保つためには外部からの補給が必要となります。化粧品によって肌の外側から補給していますが、ヒアルロン酸は分子が大きいため、肌に塗っても浸透しないと言われています。またサプリメントとして服用した場合にも、同じように分子の大きさが原因で腸で吸収されないとも言われています。そのデメリットを改善するために分子を小さくした低分子コラーゲンが開発されました。肌に浸透させたい場合には、購入の際に良く確かめてからにしましょう。
分子が大きい場合でも、肌に塗った時には外部の刺激から守ったり肌の水分が蒸発するのを防ぐ効果もあるため、分子の大きいヒアルロン酸は効果がないというわけではありません。

 

ヒアルロン酸とともにロコモティブシンドロームもチェックしてみると良いと思います。
ロコモティブシンドローム対策を考える


肌に潤いを与えるということで人気のコラーゲンゼリーを比較して紹介しています。